アフィリエイトはAffiliate School [アフィリエイト・スクール]


第1条 本規則の遵守

すべてのクライアントは、株式会社ユニメディア (以下、弊社)が提供するアフィリエイトプログラムサービス「Affiliate School」(以下、本サービス)及びこれに付随する各種サービスを利用するにあたり、本規約および本規約に付随する全ての規約、規則およびそれに準ずるものを遵守するものとし、これに基づく契約を弊社との間で締結することが必要となる。これらの規約及び条件に違反したクライアントに対して、弊社はクライアントとしての登録を事前の通知なくして取消す権利を有するものとし、クライアントは一切の異議を申し立てないものとする。

第2条 本サービス内容及び用語の定義

「本サービス」とは、弊社が提供するサービスに登録したECサイトとアフィリエイターとの間での任意の合意により、ECサイトの広告をアフィリエイターに掲載し、その広告効果に基づいてECサイトがアフィリエイターに確定報酬を支払う仕組みを提供するサービスをいう。

「クライアント」とは、弊社が契約を締結しているアフィリエイターを通じて、自己の販売する商品およびサービスを表示しているウェブサイト・メールマガジンなどのメディア(以下、メディア)に誘導して、商品およびサービスの販促を行うことを目的として、弊社所定の審査を経て、本規約に基づき利用契約を締結する者をいう。

「ECサイト」とは、インターネット上で自己の商品やサービスを宣伝、販売、会員登録、カタログ請求の受付けなどの電子商取引を行っているウェブサイトやその運営者で、本サービスを利用しているウェブサイトやその運営者のことをいう。

「アフィリエイター」とは、本サービスを利用し、ECサイトの広告を掲載するメディアの運営者を指す。

第3条 登録手順定義

【登録】
クライアントになろうとするものは、原則としてウェブサイト上の申込フォームに必要事項を記載し、申し込むものとする。この上で、弊社が申込内容を審査し、申込を承諾し、弊社が通知する期日までに弊社の請求する初期費用の金額を入金し、弊社が入金確認を取れた時点から本規約は効力を生じるものとする。その際、本サービスを利用(または利用継続)するためには、真実、正確かつ完全な登録情報を本サービスへ提供しなければならない。また、クライアントの登録情報に変更がある場合は、直ちに更新する必要がある。

【留保】
本サービスは、登録情報の真偽及び正確さにつき、いつでも確認することができるものとする。クライアントから提供された情報が、本サービスの判断により、紛らわしい、誤っているまたは真実ではないと判明した場合、本サービスは、クライアントのアクセス及び(または)本サービスへの参加により得られる利益を、制限、拒否または終了することができるものとする。また、弊社が通知する期日までに初期費用の金額の入金確認が取れない場合は、弊社は申込の受付を取り消すことができるものとする。

【参加】
本サービスへのクライアントとしての参加は、原則として法人の方に限られる。また参加の開始及び継続(本サービスの契約期間)は、申込者が本サービスを申込み、弊社が初回入金を確認した時点を開始とし、以後、月額利用料金の入金の確認をもって契約が自動更新されるものとする。

第4条 退会・再登録・情報変更手順定義

本サービスにクライアントとして登録できるのは、原則として法人とする。 弊社は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、その登録を拒絶することができる。

  1. 申込の際に虚偽の届出をしたことが判明したとき。
  2. いわゆる反社会的勢力もしくは反社会的活動を行う団体に所属し、または反社会的活動に参加しているとき、または過去に反社会的勢力もしくは反社会的活動を行う団体に所属し、または反社会的活動に参加した経歴を有したとき。
  3. クライアントが手形交換所の不渡処分を受けたとき、又は支払停止状態に至ったとき、仮差押もしくは仮処分、公租公課の滞納処分、強制執行等を受けたとき、又は申込者について、破産、会社整理、民事再生もしくは会社更生の申し立てがあったとき、解散の決議があったとき、あるいはこれらが予測されるとき。
  4. 過去に弊社との間の契約を弊社から解約されているとき、又はその利用が申込の時点で一時停止中であるとき。
  5. クライアントが弊社の営業妨害をするとき、もしくはそのおそれがあるとき。
  6. その他、本サービスの利用料金等の支払を怠るおそれがあるとき、又は債務の履行が困難と想定されるとき等、弊社が登録を不適当と認めたとき。 また弊社は、次の各号のいずれかに該当する内容のECサイト等の登録を申請した者に対しては、その登録を拒絶することができる。
  1. 反社会的もしくは公序良俗に反する表現または内容を含むもの。
  2. 第三者の知的財産権等の権利を侵害する表現または内容を含むもの。
  3. 関連法令等に違反した表現または内容を含むもの。
  4. 閲覧にID番号またはパスワードを必要とする等特定の者しか閲覧できないページを含むもの。
  5. 上記のいずれかに該当するウェブページへのリンクを有するもの。
  6. その他弊社が登録を不適当と認めたもの。

  1. クライアントが、登録したECサイト等のURLの変更を希望する場合は、弊社所定の手続により変更を申請するものとする。

【退会・再登録】
クライアントは、弊社所定の手続を行うことにより、退会申出の翌月末日をもって本サービスから退会することができる。 弊社は、クライアントが次の各号のいずれかに該当する場合は、事前に通知することなく当該クライアントをただちに退会させることができる。

  1. 架空または他人の氏名、住所、電話番号、金融機関口座等の情報を用いて登録を行ったことが判明した場合。
  2. 登録後にECサイト等の内容が第4条各号のいずれかに該当することが判明した場合。
  3. その他本規約に違反した場合。

本サービスを退会した者は、特に問題のない限り、いつでも本サービスに再登録することができる。

第5条 義務および禁止事項

クライアントは、本サービスおよび一切の第三者提供物の利用に関し、適用される全ての法規(日本法に限らず、関係する諸外国の法規も含む)を遵守しなければならない。またこれにあたり、以下の行為を行ってはならない。当該クライアントに対し、弊社が以下の項目に該当すると判断した場合、何らかの通知、催告をすることなく、掲載された情報を削除し、もしくは違反状態が解消するまでクライアントの全ての本サービスに対するアクセスおよび利用を一時停止させ、あるいは本契約の一部又は全部を解除して、本サービスの一部又は全部の提供を終了できるものとする。

  1. 他者(弊社を含む。以下同じ)の著作権、著作権人格権、商標権等の知的財産権を侵害する、もしくはそのおそれのある行為。
  2. 他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する、もしくはそのおそれのある行為。
  3. 他者を差別もしくは誹謗中傷し、もしくはその名誉・信用等を毀損する行為。
  4. 犯罪に結びつく、もしくはそのおそれのある行為。
  5. わいせつ、児童ポルノ、児童虐待にあたる画像、文書等、性的小説、裸の画像、未成年者や青少年の利用を制限する情報、もしくは類するものとして弊社が不適当と判断する情報を流すこと。
  6. 無限連鎖講(ネズミ講)もしくはこれに類似する疑いのあるものを開設し、又はこれを勧誘する行為。
  7. 公職選挙法に違反する行為、もしくはそのおそれのある行為。
  8. 他者になりすまして本サービスを利用する行為。
  9. 相手方の承諾なしに広告、宣伝もしくは勧誘メールを送信するスパム行為、掲示板への書きこみ等による宣伝行為、又は相手方が嫌悪感を抱き、もしくはそのおそれのあるメール(嫌がらせメール等)を送信する行為、その他虚偽の内容等でユーザーに誤解を与えるような行為。
  10. アフィリエイターへ直接連絡を取ることによる、広告掲載等に関する直接の個別契約の締結の勧誘または強要。
  11. ウイルス等の有害なコンピュータプログラム・スクリプト等を送信もしくは掲載する行為。
  12. 他者の設備等又はインターネット接続サービス用設備の利用もしくは運営に支障を与える行為、もしくは与えるおそれのある行為。
  13. 本サービス又は本規約から生じる権利義務の一部又は全部を第三者に譲渡し、あるいは担保に供する行為。
  14. 法令もしくは公序良俗に違反(売春、暴力、残虐等)し、又は他者に不利益を与える行為。
  15. その他、弊社が不適当と判断した行為。

第6条 ECサイト管理者責任

クライアントは、自己の責任により、常に自己のECサイトを適切な状態に保つように管理し、その媒体を通して違法行為や公序良俗に反する行為を行わない、もしくは行われないように、善良なる管理者の注意を払う義務を負う。

第7条 アフィリエイター(メディア)との提携定義

ECサイトがアフィリエイターからの広告掲載に関する契約の申込みを受諾することによりアフィリエイターとECサイトの間での広告掲載契約が成立するものとする。ただし、当該契約成立後であってもECサイトから提示された広告を掲載するかどうかの判断はアフィリエイターが独自に行うものとする。

第8条 広告掲載可否判断基準の非開示

弊社はクライアントに対し、サービス提供または広告の掲載の可否を独自の判断により行うことができるものとし、その理由及び判断基準は、原則としてクライアントに対して開示されないものとする。この際クライアントは、弊社がその判断基準に基づきなした判断に対して、一切の異議を申し立てないものとする。また、弊社は、当該行為によって発生するクライアントもしくは第三者のいかなる不利益に関しても一切の責任を負わない。

第9条 利用料金

クライアントは弊社に対し、弊社が定める本サービス料金を支払い、弊社はクライアントを代行してパートナーへの成果報酬の支払いを行うものとする。月の中途から本サービスの提供を開始する場合、これに係る初回の月額基本料金起算日は、サービスの提供を開始した日が属する月の翌月1日とする。メディアへの成果報酬については、サービスの提供を開始した日より発生するものとする。弊社に支払うコミッション料金及びオプション料金については、発生した月の末日で締め、翌月の役務の提供分として支払うものとする。弊社は、毎月月末締めで本サービス料金(月額基本料金、メディアへの成果報酬、成果報酬に係る弊社に支払うコミッション料金、オプション料金等)をクライアントに請求し、クライアントは、請求月の末日までに弊社の指定する銀行口座に振り込むものとする。なお、クライアントは本サービスを含む弊社に対する全ての支払いに関して、弊社の指定する口座にその金銭を振り込む場合には、金融機関に支払う振込手数料は全てクライアントの負担となる。

成果報酬金額残高が基準額未満のまま、アフィリエイターが本サービスより退会した場合、弊社のクライアントに対する成果報酬金額残高の返金義務は免除されるものとする。本条に基づいて、弊社からクライアントに対して請求する支払明細に関して何らかの異議がある場合には、当該請求の支払日の到来までに、クライアントは弊社に対して電子メールにて通知しなければならないものとする。当該通知が無い場合は、当該請求の内容についてクライアントは異議がないものとみなす。クライアントが、本サービス料金の支払義務を怠ったときは、年14.0パーセントの割合による遅延損害金(年365日の日割計算)を支払うこととする。

第10条 成果の確定・報酬の支払

クライアントは、クライアント管理画面上の売上承認ページにて個々の成果を承認又は否認しなければならない(ただし、クライアントが承認を不要とする選択をした場合を除く)。またクライアントは、メディアに対して表示している成功報酬の決定方法を満たした場合には、成果を承認しなければならないものとする。成果の承認により、クライアントはメディアへの成功報酬支払義務を負うものとする。

第11条 清算

本サービスからの退会後においても、クライアントは、プログラムの稼動期間中のメディアへの成果報酬、成果報酬に係る弊社に支払うコミッション料金、オプション料金等を支払わなければならないものとする。クライアント自身が、本サービスを解約した後に成果承認を行う必要が生じた場合、弊社の判断により、全ての注文は自動承認されるものとし、クライアントは、当該注文承認にかかわる報酬の支払いを弊社に対し行うものとする。

クライアントが弊社に対する債務を支払わなかった場合、弊社は該当するメディアに対する報酬の支払いを停止する。弊社は、本件におけるクレームについては一切責任を負わず、アフィリエイターとの交渉は直接クライアントが行うものとする。

第12条 本サービスのメンテナンス(変更・修正・追加・削除)及び中断・停止

弊社は、クライアントに事前に告知することにより、本サービスの保守点検その他の目的で本サービスの一部または全部を停止することができる。 弊社は、本サービスに突発的な障害等が発生した場合は、クライアントに事前に告知することなく本サービスをただちに停止することができる。弊社は、自己の営業上の重要な変更があった場合は、クライアントに30日前までに告知することにより本サービスを中止することができる。前3項の場合、弊社は、その理由にかかわらず、本サービスの停止または中止によりクライアントが被った損害に対して、その一切の賠償責任を負わないものとする。

第13条 監視業務

弊社は、クライアントが本規約に則り本サービスを利用しているか、また、本規約に反する行為や不正がないかを監視する業務を自己の裁量により行う。弊社は、当該監視業務により、不正行為を行っている、もしくは行っている蓋然性が非常に高いと判断したクライアントに対して、クライアントとしての登録を、クライアントへの事前の通知なくして取り消し、または損害賠償を請求する権利ならびに当該不正行為が悪質な場合は刑事告訴等の措置を講ずる権利を有するものとし、クライアントは、これに対して一切の異議を申し立てないものとする。この際クライアントは、本サービスの契約に基づく債務について期限の利益を失い、ただちに支払わなければならないものとする。当該監視業務は、弊社の独自の裁量により行われるものであり、いかなる意味においても、弊社の義務を構成するものと解釈されない。

第14条 強制解約

本規約の他の各条文に該当する場合のほか、以下のいずれかの事由に該当する場合には、弊社は何ら事前の予告なくクライアントとしての登録を取り消すことができるものとする。

  1. クライアントが本規約の一つにでも違反した場合。
  2. クライアントについて、仮差押、差押もしくは競売の申請、又は破産、会社整理、民事再生もしくは会社更生手続開始の申立があり、もしくは清算手続きが開始された場合。
  3. クライアントが弊社からの請求に対する支払を遅延し、もしくは支払を拒絶した場合。
  4. クライアントが本サービス申込時に虚偽の申告をした場合。
  5. クライアントが弊社の利益に反する行為をした場合。
  6. クライアントが手形交換所の不渡り処分を受けたとき、もしくは支払停止状態に至った場合。
  7. 弊社からクライアントと連絡が取れない場合。
  8. クライアントが各ID又は各パスワードを不正に使用した場合。
  9. クライアントが、本サービスの利用にあたって、コンピュータウイルスその他によって、弊社および第三者の業務を妨害し、もしくはそのおそれのある行為をした場合。
  10. クライアントが弊社の営業妨害をしていると認められる場合。
  11. 弊社の業務遂行上支障を及ぼすと認められる場合。
  12. その他、弊社がクライアントとして不適当な行為であると判断した場合。

登録を取り消されたクライアントおよびそのクライアントが運営するECサイトは、本サービスに再度登録することはできないものとする。 弊社は、一ヶ月前の通知をもって、いつでもクライアントとしての登録を取り消すことができるものとする。

第15条 会員が発信した情報の保護・管理

弊社は、クライアントに対して、クライアントから提供を受けた各種データの保護に関して、弊社の設定するプライバシーポリシーを遵守する。

第16条 機密保持及び非開示の原則

弊社及びクライアントは、本サービスに関連して得た相手方の技術上、販売上、業務上その他秘密とみなされるべき情報を、相手方の事前の文書による承諾なしに第三者へ漏洩してはならない。但し、公知の事実と判断されるものに関してはこの限りではない。なお、弊社は弊社の従業員・役員・それに準じる地位の者、クライアントはクライアントの従業員・役員・それに準じる地位の者に機密を保持の義務を遵守させるため適切な措置をとるものとする。
本条の効力は、本サービス終了後も有効に存続するものとする。

第17条 IDとパスワードの保護・管理

弊社は、クライアントに対して、クライアントから提供を受けたID及びパスワードデータの保護に関して、弊社の設定するプライバシーポリシーを遵守する。

第18条 免責事項

弊社は、本サービスの利用により発生したクライアントの損害については、一切の賠償の責を負わない。クライアントが本サービスを利用することによりアフィリエイターを含む第三者に対して損害を与えた場合、クライアントは自己の責任により解決するものとし、弊社には一切の損害を与えないものとする。

第19条 準拠法及び合意管轄

本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本法が適用されるものとする。
弊社とクライアントとの間で紛争が生じた場合、札幌地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

第20条 諸法令の遵守

クライアントは関係する諸法令、諸規則を遵守し、これに従うものとする。


2017年6月1日施行
株式会社ユニメディア


この「規約及び条件」にご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。